美味しさの秘密

home > 美味しさの秘密



Bread Code by recetteの美味しさの秘密は
あえて時代に逆行するパン作りにあります。

1.素材は高くても国産の良い物だけを使い

2.非効率でも手間をかけて手作業で作る

3.美味しさの為なら材料も惜しみなく使う

 



現代のパン作りは安い原材料をいかに添加物や改良剤で美味しくするかに力が入れられていますが、高くても国産の良い味の良い物だけを使用します。国産素材の美味しさを最大限引き出す事を重視しています。

 

 

現代の風潮は効率を重視して、成形ガス抜きにはモルダー(成形機)を使う所が多いのですが、当店はあえて昔ながらの手作業で行っています。気候・湿度によって微妙に変わる生地の変化を手に触れることにより、焼き上げる発酵・焼成時間などを微調整して毎日同じ最高の状態で焼き上げることを目指しています。

 

一般的に食パンを作る場合は必ず離型剤(オイルスプレー)を使いますが当店は離型剤の代わりに刷毛でひと型ひと型バターを丁寧に塗っています。手間は掛かりますが美味しさの為なら手間は惜しみません。

 

原材料の高騰でも価格を抑え、見栄えを良くするために大きさは同じでも生地を少なくしたり、水分量で重量を多くする傾向があります。当店ではあえて1.5斤型に2斤の生地量を入れ1.3倍の高凝縮食パンで美味しさを凝縮しています。

 

 

 

 

酵母にいたるまで、すべて厳選した国産素材のみ使用

■ALL JAPAN MADE■

 

その他の素材もすべて国産素材を使用しております。
香料、保存料、改良剤などは一切使用しておりませんのでお早目めにおめしあがりください。



Bread Code独自の製パン法

■BREAD METHOD■
キタノカオリ小麦のみで作る(100%)
パン好きなら、もはや知らない人はいない高級小麦。
国産小麦の中でも風味の良さともっちり感には定評があります。
取り扱いが難しい小麦なので、通常はブレンドして使いますが、
当店ではあえてキタノカオリのみで作ることにこだわっています。

check!
キタノカオリを100%使ったパンとそうでないパンの見分け方
「キタノカオリ使用」とだけ記載されているものは、
キタノカオリと他の小麦とのブレンドで使用されている場合があります。
(キタノカオリは品質を安定させるために他の小麦を加えて使うのが一般的です。)

耳を味わっていただきたい製法
耳の美味しいパンが本当に美味しい食パンといいますが、
当店のパンは特に耳のおいしさを大切にしました。
刷毛でパン型にバターを塗ってからパン生地を入れ、焼き上げることにより
耳の部分に香ばしさと甘味を加えることに成功しました。
(通常のパン屋さんでは型にバターを塗るということは
まず考えれないほど贅沢なことです。)

手丸め製法
生地をのばして丸めるのに、食パン専門店のほとんどがモルダーという機械の成形機を使っています。
機械は均一で大量に生地を丸めることができますが、その代わりに人の手が触れない為に、生地の微妙な変化をとらえて
ガス抜きを丸めながら調整するという事ができません。
Bread Code by recetteではモルダーを使用せずにあえて手丸めにこだわっています。
モルダーが機械による画一的な大量生産方式とすると、手丸め製法は生地の状態に合わせたオーダーメイド式な製法です。
手丸め製法は職人の技量や絶えず生地の状態と向き合わなければならないので、
作業がとても大変で手間がかかりますが、手丸め製法で作った食パンはまた一味違います。
食パン専門店では珍しい手丸め製法で作ったBread Code by recetteの食パンを是非味わってみてください。
手丸め製法で作った食パンと、モルダーで作った食パンの見分け方≫
パンの横が渦巻状になっているのがモルダーで作った食パンの特徴です。Bread Code by recetteの食パンの横がどうなってるのが是非他の食パン専門店のパンと比べてみてください。